大阪のおしゃれな前撮り | 和装もヘアメイクから全て対応 – sourire ecrin

大阪のおしゃれな前撮り | 和装もヘアメイクから全て対応 - sourire ecrin | HAIR MAKE STUDIO

フォトウェディングなら梅田のsourire ecrin

最高の一日を
一生の想い出に

sourire ecrin (スリール・エクラン)とは、プロのヘアメイクチームが運営するスタジオです。

たしかな技術とコンセプトを持った演出で、幸せの瞬間を色褪せない宝物として残します。

MORE

Access Access

アクセス

〒530-0003 大阪市北区堂島2-2-22 堂島永和ビル201 | TEL&FAX 06-6147-7996

News News

ニュース

MORE

Column Column

コラム

2021/11/25
梅田のスリールエクランの売りは、ヘアメイク。実は、ブライダルヘアメイクのプロが運営するフォトスタジオなのです。流行りのヘアアレンジはもちろん、伝統的な和のスタイルまで幅広く対応可能。また、落ち着いたスタジオでの撮影のほか、堂島に繰り出してのロケーション撮影も好評です。前撮りや後撮り、フォトウェディングなら、ヘアメイクのプロ スリールエクランへ。

2021/11/17
梅田スリールエクランは、ウェディングのヘアメイク、スタイリング技術が高く経験豊富なスタッフを取り揃えています。おしゃれだけでなく、お二人の個性を大切にし、お二人らしいイメージになるよう、精いっぱいお手伝いいたします。また、堂島周辺は人気の撮影スポットが多く、ロケーション撮影も人気。お式の前撮り、後撮りのほか、ムービー作成やフォトウェディングなどにご利用ください。

2021/11/10
ウェディングフォトの梅田スリールエクラン。最寄駅は西梅田と北新地からそれぞれ徒歩3分。都心とは思えない落ち着いた雰囲気のスタジオで、人生の大切なワンシーンを撮影いたします。スタジオのほか、ロケーション撮影も好評。堂島は人気の撮影スポットがたくさんあるのでおすすめです。お式の前撮り、後撮りほか、フォトウェディングも承っています。

2021/11/4
ブライダルヘアメイクサロン&スタジオの、梅田スリールエクラン。お二人の雰囲気にぴったりのウェディングフォトをお撮りします。お式の前撮り、後撮り。結婚式とはまた違った、自然のままの笑顔を記念に残しませんか? ロケーション撮影にも対応。梅田近辺は人気の撮影ポイントもたくさんあります。

2021/10/28
スリールエクランのウェディングフォト。一人一人がもつ個性やストーリーを大切にし、お二人のお気持ちを大事にしたお写真に仕上げます。撮影時には、お二人らしい雰囲気やイメージをどんどん引き出していきますので、ご希望・ご要望をお聞かせください。梅田で結婚式の前撮り、後撮り、フォトウェディングをお考えなら、ぜひスリールエクランへ。

2021/10/20
梅田で結婚式写真を撮るなら、スリールエクラン。ここはプロのヘアメイクチームがつくったスタジオ。人生の大切なイベント、結婚式がより祝福されたものになるよう、スタイリングからヘアメイク、そして撮影までを一貫してお手伝いさせていただきます。前撮り、後撮り、そしてフォトウェディング。 ぜひお問い合わせください。

2021/10/13
結婚式と言えば、多くの参列者の元で永遠の愛を近い、豪華絢爛な披露宴を開いて皆さんから祝福されるイベント、と言うイメージが強かったですが、近年ではライフスタイルの多様化に伴い、例えばご夫婦だけでお写真を収めてお祝いする「フォトウェディング」という手法も一般的になりました。梅田でフォトウェディングをご希望の際は、sourire ecrin(スリール・エクラン)へお越しくださいませ。

2021/10/7
お二人のウェディング姿を最高のお写真で。
梅田のスリールエクランでは、結婚式の前撮り、後撮りのほか、ムービーの撮影も承っています。音楽やお二人のムードに合わせて撮影し、編集もこちらでいたします。お式の時とは違った雰囲気の、二人だけのときに見せるようなムードのすてきな動画ができあがります。

2021/9/29
結婚式のお写真なら、スリールエクラン。前撮りや後撮りはもちろん、フォトウェディングにも好評です。自慢のスタジオは、自然光がたっぷりはいるので自然な色合いの写真に仕上がります。ロケーション撮影では、梅田や周辺の人気撮影スポットのなかからお好きなところを選べます。なんといってもヘアメイクの腕がほかと違います。ぜひご利用ください。

2021/9/22
フォトウェディングなら、大阪 梅田のスリールエクラン。
撮影を、スタジオにするか、ロケーションにするか……、迷いますよね。スタジオのよいところは、移動がない点です。特に和装は、真夏ですと汗が心配ですが、スタジオなら快適に撮影が行えます。また、天候も気にしなくてよいのもうれしい点です。
自然光がたっぷり入るスタジオで、お気に入りの一枚を撮影してみませんか。

2021/9/15
フォトウェディングなら、大阪 梅田のスリールエクラン。撮影を、スタジオにするか、ロケーションにするか……、迷いますよね。スタジオのよいところは、移動がない点です。特に和装は、真夏ですと汗が心配ですが、スタジオなら快適に撮影が行えます。また、天候も気にしなくてよいのもうれしい点です。自然光がたっぷり入るスタジオで、お気に入りの一枚を撮影してみませんか。

2021/9/8
大阪 梅田のスリールエクラン。フォトウェディング、結婚式の前撮り、後撮りのほか、成人式の撮影も受け付けています。スタッフ全員がプロのヘアメイクなので、着付け、ヘアメイクはお任せください。お振袖のレンタルもございます。きっとご満足いただける一枚になるよう、心を込めてお手伝いいたします。

2021/9/1
大阪 梅田でフォトウェディングなら、スリールエクラン。スタジオ撮影はもちろん、ロケーション撮影などお好みのスタイルでの撮影をご依頼ください。二人だけでマイペースに撮影できると好評です。特にヘアメイクは、スタッフ全員その道のプロですのでご希望があればなんでもお申し付けください。

2021/8/26
スリールエクランでは、ウェディング用のお衣装、小物類など一式をご用意。組合せは自由ですし、スタッフはみなヘアメイクやスタイリングのプロなので、コーディネイトについてなんでもご相談ください。結婚式は挙げずにフォトウェディングをされたいというかたは、和装、洋装両方を楽しめるお得プランがおすすめです。前撮りや後撮りにもどうぞ。

2021/8/18
スリールエクランでは、ウェディングスタイルを和装・洋装両方選ぶこともできます。それぞれのお衣装に合わせて、ヘアメイクもチェンジ。スタッフは全員、ヘアメイクのプロで着付け技術も高く、お客様に合ったスタイルをご提案できます。フォトウェディング、結婚式の前撮りや後撮り。人生の素敵な記念を一緒に残しましょう。

2021/8/4
フォトウェディングならsourire ecrinへ。
ロケーション撮影には自信があります。
スタジオがある梅田周辺は、人気の撮影スポットがたくさん。お二人の思い出の場所はもちろん、カメラマンやスタッフだけが知っている穴場スポットも駆使して、最高のお写真をお撮りします。
結婚式の前撮り、後撮りも承っています。

2021/7/28
結婚式の前撮り、後撮りなら、梅田のスリールエクランへ。最近はお式を挙げず、フォトウエディングだけをご希望の方が増えております。スタジオは自然光がはいるので、よくある作ったような色味の写真ではなく、まさに自然な感じの色合いのお写真が撮れるのが特徴。また、ヘアメイクにも自信あり。ごじぶんに似合う新しいヘアスタイル、発見できるかもしれません。なんでも、ご相談くださいませ。

2021/7/21
プロのヘアメイクが運営する、梅田のsourire ecrin。結婚という最高のステージが、美しい写真として残るよう、ヘアメイクからスタイリングまで、それぞれ腕に自信のあるスタッフをそろえています。結婚式の前撮り、後撮り。そしてフォトウェディング。今まで知らなかったお互いの新たな素顔が見られるかもしれません。

2021/7/16
人生の最高の瞬間を、写真に残す。
sourire ecrinは、プロのヘアメイクチームが運営している撮影スタジオです。
フォトウェディングや、お式の前撮り、後撮りを、洋装、和装、スタジオ、ロケーションと、お客様のご希望に合わせたプランニング撮影いたします。
お衣装レンタルございます。
そして一番の強味はヘアメイク含め美容全般です。
結婚というお二人の大切な時間を最高のヘアメイクと共に残します。

2021/7/9
結婚式の前撮りなら、sourire ecrinへ。スタジオ撮影からロケーション撮影まで、幅広く対応しております。スタジオ撮影ではこれからの暑い日でも涼しく撮影ができるので安心です。ドレスや新郎様のご衣裳もレンタル可能でございます。ヘアメイクには自信があります! 洋装、和装それぞれヘアチェンジ対応いたします。何でもご相談くださいませ。最高のフォトウェディングをお約束します!

2021/7/8
コラムを更新します。

梅田でフォトウェディングをするなら

梅田でフォトウェディングをお考えでしたら、ブライダルヘアメイクのプロが運営するスタジオsourire ecrinの利用をご検討ください。sourire ecrinでは、流行のヘアアレンジや伝統の和スタイルから、お客様に最も似合うおしゃれなヘアメイクをご提案いたします。撮影場所はスタジオ・ロケ、衣装は洋装・和装からお選びいただけますので、シチュエーションにこだわりたい方にぴったりです。

結婚式のご予定がないカップルはもちろん、結婚後で今からでもフォトウェディングをしたいとお考えのご夫婦も歓迎しています。前撮りも承っていますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

フォトウエディングと前撮りのムービーについて

結婚式を挙げる予定のない方、挙げなかった方、結婚式は挙げたけどお気に入りの写真がなかった方、ドレスは着たけど和装や琉装も着たい方、そんな方々にはフォトウエディングや前撮りムービーはお勧めです。ここでは、フォトウエディングと前撮りのムービーの魅力についてお伝えします。

フォトウエディングが選ばれる理由とは?

披露宴はしないけが結婚の思い出は残したい

多くのゲストを招待して結婚式を行うことは恥ずかしい気がしますが、結婚のドレスだけは着たいと思っていたり、披露宴は行わなくても結婚の思い出は残したいと思っていたり、再婚同士なので豪華な結婚式は行わない予定であったり、披露宴はしなくとも思い出を作りたい新郎新婦にお勧めです。

おめでた婚・パパママ婚など節目の記念として

おめでた婚になって急いで結婚式を行いたい方、子育てが落ち着いた時期に行いたい方、結婚10年目の節目の記念日など、節目にウエディングフォトを行う方もいます。また、節目では無くても入籍してから歳月が経った後に、記念としてフォトウエディング撮影をする方もいます。

挙式・披露宴とフォトウエディングの両方を行う

フォトウエディングは、結婚式のリハーサルを兼ねたり、ウエルカムスペースに写真を飾ったり、色々な衣装を着用して撮影できたり、色々な方法・活用・楽しみ方があります。なので、結婚式を行うにあたり前撮りにフォトウエディングを実施する新郎新婦の方もいます。

リーズナブルに費用を抑えたい

挙式・披露宴の総額費用の平均と言うのは、一般的に370万円程度が目安と言われています。しかし、フォトウエディングのプランの中には、撮影内容に衣装や美容などがセット含まれている場合もあり、通常の結婚式に比べてとてもリーズナブル価格で結婚式の思い出を残すことができます。

前撮りムービーの人気理由とは?

結婚式のOPやプロフィールなどに活用できる

前撮りムービーを撮影して制作する際、ムービーを使用したいシーなどもヒヤリングしあます。なので、結婚式の当日にムービーを披露宴で流すことができたり、プロフィールムービーに使用したりすることもできます。なので、それ専用に撮影したような素敵なムービーが仕上がります。

笑い声やメッセージなどの演出もできる

写真では表現できない魅力は、新郎新婦の声の演出です。前撮りムービー撮影では、新郎新婦の声も入るよう、音声収録を行うこともできます。素敵なドレスを着用して、楽しいひと時を過ごす結婚式なので、新郎新婦の素敵な表情はもちろん、楽しそうな笑い声なども収録して、それをムービーに取り入れることができます。新郎新婦のニーズや披露宴での使用を考えている場合には、新郎新婦ならではの映像に仕上げて素敵な演出も可能です。普段は直接聞くことのできない相手の気持ちなども聞けるので、満足度が高いムービーに仕上がります。

記憶として素敵な形で思い出にできる

結婚式後、意外に多く聞かれる声に「結婚式で思い出せないシーンもいっぱいあり、ムービー撮影しておけば良かった。」と言う声です。結婚式の際に、式場カメラマン写真撮影はお願いしていても、動画撮影のお願いはしていない方もいますよね。結婚式は素敵な人生の思い出です。輝く素敵な瞬間を前撮りムービーで残しておくと、色々なことも鮮明に思い出せると言うのがムービーの魅力です。

新郎新婦にお勧め!ロケーションフォトの人気理由について知ろう!

結婚の記念に、式場やスタジオでの写真撮影は定番ですが、最近は、屋外写真撮影を行うロケーションフォトが人気です。ここでは、ロケーションフォトの人気理由についてお届けします。皆さんも是非、ロケーションフォトの魅力を知って、撮影にチャレンジしてみましょう。

ロケーションフォトとは?

ロケーションフォトと言うのは、ウェディング撮影などで聞くことが多いですよね。屋で撮影する写真を言いますが、自然の中で撮影できたり、綺麗な景色を背景に撮影できたり、屋内撮影には無い魅力がロケーションフォトにはあります。似たような写真に仕上がりがちになってしまうスタジオ撮影とは異なり、オリジナリティー溢れる写真撮影でき、昨今ロケーションフォトは人気の高いプランになっています。

ロケーションフォトが人気の理由とは?

美しいロケーションを背景に撮影

ロケーションフォトの大きな魅力は、何と言っても美しい背景をバックに撮影するこができる点です。海、山、市街地と言うように、どんな場所でも素敵なフォトジェニックな写真に仕上がります。また、普段、訪れている見慣れた思い出の場所も、ウエディングドレスを身にまとい撮影するだけで、いつもとは異なる特別な場所のように仕上がります。

和装・洋装に合う空間で写真撮影

ロケーションフォトでは、日本庭園を背景に白無垢撮影できたり、空間の雰囲気に最適なドレスを着用して海や山などで撮影できたり、背景に合わせてピッタリの衣裳で撮影することができます。なので、最初から自分がその場所に居たかのように、景色に溶け込むロケーションフォト撮影が可能です。また、自分で着用したい衣裳がある場合、衣裳とマッチするフォトスポットを探したり、撮影したい場所のリクエストがある場合、その場所とマッチする衣裳を選べたり、色々とロケーションフォトにも楽しみ方があります。

季節感・空気感・温度感が伝わる

例えば、春の桜、夏の海、秋の紅葉、色々な景色と一緒に撮影することによって、写真からは季節感が伝わりますよね。また、写真を見返した時も、当時の雰囲気、温度、匂いなども呼び起こされ、写真から色々なことを感じられる1枚に仕上がります。

開放的な雰囲気で撮影できる

カメラを向けられるとどうしても緊張してしまうことはありませんか?フォトスタジオの場合、自然と新郎新婦に視線が集中してしまって、撮られる時に緊張してしまうこともあります。その点、ロケーションフォトでは、新郎新婦で公園や海を散歩してみたり、ベンチに座っている何気ない姿を押さえたり、緊張しがちな方でもリラックスした自然な表情が残しやすくなります。

角度や時間帯で違った雰囲気に仕上がる

スタジオフォトでの撮影は、セット移動させたり壁紙チェンジしたりして、違った雰囲気を作りますよね。あくまでも、意図して作られた背景になりますが、ロケーションフォトは屋外撮影なので、向いても素敵な景色が広がっています。なので、同じ場所、同じ角度であっても、撮影する時間帯によって見え方は変わってきますよね。そして、その中から新郎新婦の最高の瞬間を抜き取ることができるので、素敵なロケーションフォトが完成します。

失敗しないために!フォトウェディングや前撮で使えるポーズ!

フォトウェディングは、結婚式の日より前に衣装を着て撮影する前撮りです。写真だけを撮って式は行わないフォトウェディングでは、素敵な写真を撮る為のポーズや構図が大切です。感動的な写真、オシャレな写真、面白い写真など、ここでは写真を撮るポーズや構図のアイディアをお届けします。是非、参考にして下さいね。

フォトウェディングや前撮で使えるポーズとは?

新郎新婦の全身を残す

まず、写真に収めておきたいのは、新郎新婦の全身ショットです。新郎新婦がこだわって選んだ衣装であれば、やはり全体デザインやシルエットの写真は残しておきたいものです。腕を組んでみたり、笑顔で顔を合わせてみたり、新郎新婦の仲睦まじい雰囲気は伝わるさ写真がお勧めです。また、後ろからのショットも忘れずに撮ってもらうのがお勧めです。お互いの腰に手を回してみたり、長く続く道を歩いている姿を収めたり、これから新郎新婦が夫婦として支え合う未来を想像させる1枚に仕上がります。後ろからのショットを撮影する際には、和装で色打掛を着る花嫁さんであれば、特に残しておきましょう。

手元や足元にズームする

手元や足元など一部をズームアップした写真撮影もお勧めです。定番は、新郎新婦の手元ズーム写真です。二人で手を繋いでみたり、手を重ね合わせてみたり、夫婦の絆を感じることができる写真を残すことができます。また、指切りげんまんをするのもアイディアの一つとして人気で、薬指に結婚指輪を付けて撮影すると素敵に仕上がります。また、新郎新婦でハートを作るキュートなアイディアもお勧めです。次は、足元ズーム写真ですが、結婚式ではドレスに隠れてしまう足元だからこそ、逆に写真に撮っておくと思い出に残ります。例えば、靴にこだわっている売場合であれば、足元ショットもぜひ残しておきましょう。花束を後ろ手に持ってつま先立ちしている花嫁さんのポーズもキュンとしますし、和装であれば地面に広がるイチョウの葉のじゅうたんで撮影すると、着物がよく映えるアイディアとして人気です。

新郎新婦で仲良くジャンプ・ハグ

フォトウェディングで、楽しい写真を撮りたい方には、ジャンプポーズはお勧めです。青空を背景にジャンプをした写真は、爽快感も抜群で笑顔になれる写真に仕上がります。また、ふたりの深い愛情が伝わるハグポーズは、基本は横からのショットが定番です。新郎新婦で額をくっつけ合ったり、キスしたりが、定番ポーズです。

写真の構図に一工夫

写真撮影には、構図も大切なポイントです。まずは、上下アングルを活かしやすい階段での撮撮影も勧めで、階段を上る新郎新婦を上から撮影するアイディアもあります。笑顔でカメラを見上げる花嫁さんがキュートに映ります。また、新郎新婦が額縁の中に収まっている写真も素敵です。完成した写真をフレームに入れて飾れば、フレームの中にフレームがある何ともオシャレな写真になります。最近は、スマホ画面をフレームのように活かして撮影するのも人気です。他にも、遠近法を使って、あえてアイテムを近くに置き、背景に新郎新婦を映すのもオシャレに仕上がります。

美しい風景をバックに撮影
王道のビーチ編

王道のビーチ写真では、男性が片膝をついてバラの花を女性に差し出す、プロポーズシーンをイメージした写真が人気です。また、一工夫に砂浜にハートを描いてバラの花びらを散りばめても素敵です。さらに、夕暮れの時を背景にする場合、逆光で撮って見つめ合う姿のシルエット写真を収めて、ロマンチックな雰囲気に仕上げることもできます。夕日とシルエットの組み合わせは、他のフォトスポットでも活かすことができるので、色々なシシーンに取り入れてみましょう。

メルヘンなお花畑編

新郎新婦が上着や靴を脱いで、まるで子供に戻ったように花畑を歩く姿の撮影もお勧めです。仲良い雰囲気が漂い、自然な温かさを感じることができる写真に仕上がります。

オシャレな街中編

街中の橋の上を活用して、印象的な1枚を撮影することも可能です。例えば、風を受けて広がるドレススカートなどの演出も可能で、まるで映画のワンシーンのような写真を撮ることができます。また、レンガの壁をバックに撮影するのもオシャレです。壁に映る新郎新婦の影がオシャレ感を演出します。和装の場合であれば、日本庭園がお勧めです。豊かな緑の中に色打掛の鮮やかな色が一際視線を集めます。また、水面に映る着物姿と言うのも、風情があり美しいです。他にも、神社、お寺、桜の名所などでも撮影もお勧めです。

小道具を使って一工夫

フォトウェディングでは、小道具使いでバリエーションを出すこともできます。人気の小道具に文字アイテムがあります。例えば、ブロックでLOVEの文字を作ってみたり、新郎新婦の間を&で繋いでみたり、楽しみ方は色々です。また、新郎新婦の名前の頭文字ブロックを持って撮影したり、夫と妻を意味するMr.とMrs.のプレートを持って撮影したりするのも、小道具使いの定番ですよね。また、和装のフォトウェディングの場合には、傘は定番です。男女それぞれ違う色の傘を持って着物と組み合わせて楽しんだり、傘越しにシルエット写真を撮ったり、素敵な写真に仕上がります。傘以外にも、扇子、紙風船、赤い糸なども和装撮影にお勧めです。

まとめ

前撮りやフォトウェディングと言うのは、頻繁にある機会ではないからこそ素敵残しておきたいところです。また、手を繋いだり、仲良くジャンプしたり、色々なポーズで写真を撮ってもらうのがお勧めです。写真にバリエーションを出したい場合は、構図、背景、小道具などで一工夫も素敵な写真に仕上がるコツです。新郎新婦で一体どんな写真を撮りたいか、2人で写真のイメージを話し合い、当日の写真撮影を楽しみましょう。

ウェディングフォト前撮り・後撮りで「洋装」と「和装」迷ったらどうする?

現代では、フォトウェディングを行う新郎新婦の方は多くなっています。色々と衣装を変えて、色々なロケーションで撮影でき、記念に残る素敵な写真を残すことができます。ここでは、ウェディングフォト前撮り・後撮りで洋装と和装で迷った際の選択肢のポイントをお届けします。是非、参考にしてみて下さいね。

結婚式費用がネックで結婚衣裳や結婚式を諦める人が増加している?

一般的な結婚式における衣裳レンタル、または、衣装購入した場合、費用相場は以下の金額が目安になっています。この目安を見ると分かるように、衣装のお色直しまでを行うとなると、衣裳代だけでもかなり費用が必要になりますよね。なので、金額がかかってきてしまうことで、結婚式でお色直しを諦めて衣裳を1着にしてしまう方も多く、また、結婚式を行うこと自体を諦める方も中にはいるのも現状です。

結婚式の平均衣装総額

・新婦の平均衣裳総額 46万円
・新郎の平均衣裳総額 17万円

結婚式での新婦の各衣裳の平均金額

・ウェディングドレス 27万円
・カラードレス 25万円
・白無垢 18万円
・色打掛 27万円

結婚式での新郎の各衣裳の平均金額

・タキシード 13万円
・フロックコート 12万円
・紋付袴 10万円

フォトウェディングは結婚式衣裳平均金額に比べて圧倒的にリーズナブル!

フォトウェディングや前撮りの費用相場

・スタジオ撮影平均金額 16万円(ボリュームゾーンは5万円~10万円)
・ロケーション撮影平均金額 18万円(ボリュームゾーンは10万円~15万円)

一般的な結婚式での衣装代となると費用が大きくかさみますが、フォトウェディングの場合は、平均的な費用相場は以上のようになっています。この金額を見ても分かりますが、フォトウェディングでは、前撮り衣裳代1着分の半額程度の値段で新郎新婦2人分の衣裳レンタル、着付け、ヘアメイク、撮影、データ画像まで楽しむことができます。これは新郎新婦の方にとって、経済的でもあり嬉しいポイントとなっています。

洋装ウェディングフォトを行うメリットは?

豊富なデザインから似合う好みのドレスを選べる

新婦のウェディングドレスは、実にデザインが豊富にラインナップされています。ドレスの型、肩周りのデザイン、装飾、色味と言うように、衣装を選ぶ時から新郎新婦もワクワクしながら選別していく楽しさがあります。また、カラードレスに着替えて撮影すれば、また印象やイメージの異なる雰囲気も写真として残すことができます。

洋風ロケーション写真にぴったりマッチする

洋装のフォトウェディングでは、チャペル撮影や洋館と言うように、洋風な雰囲気の写真を撮影する際に、空間にマッチするので魅力的なフォトウェディング写真を撮ることができます。新郎が着用するタキシード、新婦が着用するドレス、こられの衣装の華やかさも加わり、オシャレで素敵な雰囲気のフォトに仕上げることができます。

マタニティフォトにも最適

ウェディングドレスは、プレママさんであっても着用可能なデザインも色々とあります。例えば、胸下に切り替えでスカートが落ちる形のデザインであれば、妊婦さんのお腹の締め付にも負担が軽いので、着用してドレスを楽しむことができます。

和装ウェディングフォトを行うメリットは?

和装ならではの印象的な雰囲気に仕上がる

日本の伝統衣装として受け継がれている着物は、やはり着用することで日本ならではの風情や良さが伝わります。新郎は紋付き袴を着用して凛とした男らしさを演出でき、新婦は白無垢や色打掛などを着用して奥ゆかしさや美しさを表現することができます。また、着物は洋装のドレスとは異なり、体のラインが出にくい衣装でもあるので、体型カバーにも最適な衣装と言えます。

日本ならではのロケーションフォトと相性が良い

神社や日本庭園など日本ならではの場所での撮影も、和装なら相性が良く素敵に映えます。なので、桜や紅葉の時期合わせて、和装でフォトウェディングを撮影するのも素敵です。日本の自然の美しさと言うのが、和装によってより雰囲気を引き立てます。

アレンジ次第でスタイリッシュなフォト撮影も可能

近年、和装ウェディングでは、洋の雰囲気を取り入れた装いなども人気となっています。例えば、色打掛に洋髪で仕上げて現代的に仕上げることもできます。また、打掛をオーガンジー素材にして、カジュアルなショットにするなどのアイディアもあります。

フォトウェディングや前撮りで和装・洋装を両方着用するメリットとは?

着たい衣裳やロケーションを追及できる

両方着用する一番のメリットは、撮影時間と撮影をとことん楽しめることです。フォトウェディングは、人生の中で何度も機会のあるものではありませんよね。なので、折角の記念になるのであれば、衣裳に合わせたセットやロケーションを色々と選んで、新郎新婦こだわりの撮影をプロデュースすることも可能です。

人目を気にせず楽しめる

両方着用する一番のメリットは、撮影時間と撮影をとことん楽しめることです。フォトウェディングは、人生の中で何度も機会のあるものではありませんよね。なので、折角の記念になるのであれば、衣裳に合わせたセットやロケーションを色々と選んで、新郎新婦こだわりの撮影をプロデュースすることも可能です。

まとめ

フォトウェディングでは、洋装と和装どちらも素敵な魅力がありますよね。衣装をどちらにしようか悩むのは何も珍しいことではありません。もし、衣装を決めかねるようであれば、洋装・和装の両方を着用するプランも1つです。2パターンの衣装を楽しむことができ、また、洋装・和装どちらもデータで残しておけば、色々なものに利用することもできますよね。是非、皆さんも自分達の望むフォトウェディングで素敵な記念を形に残しましょう。

押さえておきたい業者選び!フォトウェディング業者を選ぶポイントとは?

結婚式しないと決めたカップルの方でも、結婚にまつわる思い出を何か形に残しておきたいものですよね。フォトウェディングは新たな結婚式のスタイルとして、新郎新婦のこだわりや理想を叶えます。ここでは、フォトウェディング業者を選ぶポイントについてお届けします。是非、業者選びの参考に役立てて下さいね。

フォトウェディング業者を選ぶポイントとは?

総額にかかる費用で選ぶ

フォトウェディングと言うのは、結婚式の新たなスタイルとして挙げられます。その魅力は何と言っても、費用を大きくカットすることができる点に挙げられます。大体、フォトウェディングの費用相場は、約5万円~20万円です。ただ、業者の中には衣装レンタル数や写真カット数が少ない所もあり、オプションを付けると金額にも少し変動が出てきます。なので、基本プラン内容の確認を行うことが大切です。また、持ち込み料や土日の特別料金などもあるので、その辺も確認しておくのがお勧めです。

フォトウェディング撮影日や納期で選ぶ

フォトウェディングと言うのは、スタジオ予約が空いてさえすれば、その場で撮影を行うことができます。なので、妊婦さんの方のように時間が限られる方でも、フォトウェディングを有効的に活用することができます。撮影時間は限られるので、HPなどでセット雰囲気をなど見ておくと良いでしょう。撮影後の納品日に関しては、写真数で変わってきますが約2週間~1か月程度が大まかな目安です。年賀状などで使用を急ぐ場合には、スピード仕上げのオプションを用意している所もあります。

新郎新婦こだわりの衣装を選ぶ

フォトウェディングでも、レンタル可能なドレスの種類、和装数などと言うのは、それぞれのスタジオによって異なります。中には、スタジオで独自のオリジナルブランドを展開していたり、有名なドレスショップと提携していたり、様々な業者が存在しています。ドレスの場合であれば、Aライン、プリンセスライン、マーメイドラインと言うように、ドレスの形によって印象は大きく変わるので、憧れのドレスを見つける場合は、フォトウェディングスタジオのHPなどを見て、着用したい衣装を確認しておくのがお勧めです。また、自分達で持ち込みを希望する衣装がある場合には、持ち込み料についての有無も確認しておきましょう。

豊富な衣裳やヘアメイクの技術力

フォトウェディングを行う際に、スタジオからレンタルできる衣裳数もスタジオによって開きがあります。なので、衣裳数に関しても一度確認しておく方が安心です。例えば、基本料金で着用可能な衣裳数、追加料金が必要な衣装、衣裳試着可能であるかなど、色々合わせて確認しておくのがお勧めです。中には、衣裳や小物の持ち込みは可能であっても、持ち込み料が発生する場合もあるので、その点に関してもしっかり確認しておきましょう。他にも、柔軟にヘアメイクの提案やリクエストなどに対応できるか、ヘアメイク技術は高いかなど、業者のサンプル写真を見て確認するもの大切です。

写真のクオリティーと豊富なポーズバリエーション

多くの新郎新婦は、撮影することに慣れていません。なので、撮影を行う際に表情が固くなりがちです。一般的な写真撮影では三脚を使用して撮影を行うと思いますが、フォトウェディングはフリーハンドでの撮影です。普段とは異なりコミュニケーションも取りやすい雰囲気になるので、新郎新婦の自然な表情を収めることができるのも魅力です。新郎新婦のより豊かな表情を求めている場合、フリーハンド撮影に対応可であるか、フォトウェディング業者に確認をするのも一つです。写真のクオリティー、新郎新婦の表情、ポーズの自由度など、サンプルのフォトアルバムを見て確認してみましょう。

写真数やアルバムを充実させたい

フォトウェディングにおける写真カット数と言うのは、約50カット~200カットです。プランによって枚数は変わってきますが、撮影した写真は基本的に新郎新婦が選別できるので、納得のいく写真を残すことができます。また、写真データのみ納品する所もあれば、アルバムを用意している所もあり、デザインボードやキャンパスボードをはじめ、世界に一つだけの手作りアルバムを作成してくれるスタジオもあります。

まとめ

ここでは、フォトウェディング業者を選ぶポイントをお届けしてきましたが、いかがでしたか。結婚と言う大切な記念を素敵な写真で残すことができるフォトウェディングは、やはり一生ものの写真になるからこそ、こだわって最高のシーンを写真に残したいものです。思わず、家族や友達に見せたくなってしまうような素敵な写真を残すには、フォトウェディング業者選びと言うのは、とても大切なポイントになってきます。是非、皆さんも業者選びのポイントを押さえて、記念になる素敵なフォトウェディングを撮影しましょう。

押さえておきたい業者選び!フォトウェディング業者を選ぶポイントとは?

結婚式しないと決めたカップルの方でも、結婚にまつわる思い出を何か形に残しておきたいものですよね。新たな結婚式のスタイルとして、新郎新婦のこだわりや理想を叶えます。ここでは、失敗しない業者選びのポイントについてお届けします。是非、業者選びの参考に役立てて下さいね。

フォトウェディング業者を選ぶポイントとは?

総額にかかる費用で選ぶ

近年新たに登場してきたフォトウェディングと言うのは、結婚式の新たなスタイルとして挙げられます。その魅力は何と言っても、費用を大きくカットすることができる点に挙げられます。大体、フォトウェディングの費用相場は、約5万円~20万円です。ただ、業者の中には衣装レンタル数や写真カット数が少ない所もあり、オプションを付けると金額にも少し変動が出てきます。なので、基本プラン内容の確認を行うことが大切です。また、持ち込み料や土日の特別料金などもあるので、その辺も確認しておくのがお勧めです。

フォトウェディング撮影日や納期で選ぶ

フォトウェディングと言うのは、スタジオ予約が空いてさえすれば、その場で撮影を行うことができます。なので、妊婦さんの方のように時間が限られる方でも、フォトウェディングを有効的に活用することができます。撮影時間は限られるので、HPなどでセット雰囲気をなど見ておくと良いでしょう。撮影後の納品日に関しては、写真数で変わってきますが約2週間~1か月程度が大まかな目安です。年賀状などで使用を急ぐ場合には、スピード仕上げのオプションを用意している所もあります。

新郎新婦こだわりの衣装を選ぶ

フォトウェディングでも、レンタル可能なドレスの種類、和装数などと言うのは、それぞれのスタジオによって異なります。中には、スタジオで独自のオリジナルブランドを展開していたり、有名なドレスショップと提携していたり、様々な業者が存在しています。ドレスの場合であれば、Aライン、プリンセスライン、マーメイドラインと言うように、ドレスの形によって印象は大きく変わるので、憧れのドレスを見つける場合は、フォトウェディングスタジオのHPなどを見て、着用したい衣装を確認しておくのがお勧めです。また、自分達で持ち込みを希望する衣装がある場合には、持ち込み料についての有無も確認しておきましょう。

豊富な衣裳やヘアメイクの技術力

フォトウェディングを行う際に、スタジオからレンタルできる衣裳数もスタジオによって開きがあります。なので、衣裳数に関しても一度確認しておく方が安心です。例えば、基本料金で着用可能な衣裳数、追加料金が必要な衣装、衣裳試着可能であるかなど、色々合わせて確認しておくのがお勧めです。中には、衣裳や小物の持ち込みは可能であっても、持ち込み料が発生する場合もあるので、その点に関してもしっかり確認しておきましょう。他にも、柔軟にヘアメイクの提案やリクエストなどに対応できるか、ヘアメイク技術は高いかなど、業者のサンプル写真を見て確認するもの大切です。

写真のクオリティーと豊富なポーズバリエーション

多くの新郎新婦は、撮影することに慣れていません。なので、撮影を行う際に表情が固くなりがちです。一般的な写真撮影では三脚を使用して撮影を行うと思いますが、フォトウェディングはフリーハンドでの撮影です。普段とは異なりコミュニケーションも取りやすい雰囲気になるので、新郎新婦の自然な表情を収めることができるのも魅力です。新郎新婦のより豊かな表情を求めている場合、フリーハンド撮影に対応可であるか、フォトウェディング業者に確認をするのも一つです。写真のクオリティー、新郎新婦の表情、ポーズの自由度など、サンプルのフォトアルバムを見て確認してみましょう。

写真数やアルバムを充実させたい

フォトウェディングにおける写真カット数と言うのは、約50カット~200カットです。プランによって枚数は変わってきますが、撮影した写真は基本的に新郎新婦が選別できるので、納得のいく写真を残すことができます。また、写真データのみ納品する所もあれば、アルバムを用意している所もあり、デザインボードやキャンパスボードをはじめ、世界に一つだけの手作りアルバムを作成してくれるスタジオもあります。

まとめ

ここでは、フォトウェディング業者を選ぶポイントをお届けしてきましたが、いかがでしたか。結婚と言う大切な記念を素敵な写真で残すことができるフォトウェディングは、やはり一生ものの写真になるからこそ、こだわって最高のシーンを写真に残したいものです。思わず、家族や友達に見せたくなってしまうような素敵な写真を残すには、フォトウェディング業者選びと言うのは、とても大切なポイントになってきます。是非、皆さんも業者選びのポイントを押さえて、記念になる素敵なフォトウェディングを撮影しましょう。